Science

2015.01.09

宇宙へハードウェアをEメール

Text by Alasdair AllanTranslated by kanai

ISS Commander Barry “Butch” Wilmore holds up the ratcheting socket wrench on the space station right after it was 3D-printed it (Credit: NASA).
3Dプリントしたソケットレンチを手に持つBarry Wilmore船長(写真提供:NASA)

世界初の宇宙の3Dプリンターが去年の9月にCRS-4 Dragonロケットで国際宇宙ステーションへ打ち上げられ、11月の終わりには、その最初のパーツをプリントした。それはちょうど、宇宙ステーションにエスプレッソマシンが届けられたときと同じころだった。

それからプリンターは一生懸命に働き、20個ほどのパーツをプリントした。それは地上に持ち帰られ、地上でプリントした同じものと比較されている。

The ground-side prints of some of the objects that were printed in space.
宇宙でプリントされたものと対をなす地上でプリントされたパーツ(写真提供:Made in Space)

そして12月、クリスマスの少し前に、このプリンターはもうひとつの世界初を決めた。世界で初めて、地上でデザインしたツールを宇宙へEメールし、宇宙ステーションの宇宙飛行士に届けることができたのだ。

ISS船長のBarry Wilmore(Butchと呼ばれている)が、その工具を欲しがっていると聞いた私たちは、CADでデザインして送信しました。そのほうがロケットで届けるよりずっと早いからです。これが、ハードウェアを宇宙へEメールした最初の例となりました。 — Mike Chen(Made in Space創設者)

このレンチは、宇宙でプリントされた最初のものではないが、必要に応じてデザインされ、実際に宇宙飛行士が使用した最初のものとなった。


レンチを使っているところ。

ある意味、それまでにプリントされた20個のパーツよりも、このレンチのほうがずっと重要だと言える。これは、3Dプリンターが、そして新しい産業革命における他の即時的ツールが地球軌道上で、さらに火星で必要なのかを明確に示すものとなったからだ。

NASAはSTL ファイルを公開しているので、宇宙で初めてプリントされたこのツールは誰でもプリントできる

原文