Crafts

2015.02.24

ミレニアムファルコン型クアッドコプター

Text by Nathan HurstTranslated by kanai

hLINMIE

数カ月前、スター・ウォーズをテーマにしたクアッドコプターと言えばフランスのビデオが強かったが、今度はOliver Cがそのまんまやってくれた。Oliverは、自作のカスタムProphecy 335ドローンにスキンを被せてミレニアムファルコンに改造した。

Prophecy 335は、ローターの間隔が335ミリであることからその名前が付いている。レース用のクアッドコプターで、カーボンファイバーのフレームに1人称ビデオ(FPV)装置も組み込まれている。GoPro用のマウントもある。

スター・ウォーズのスキンはポリスチレン製。追加重量は200グラムほどだ。スキンはGoProのマウントを使って固定されている。そのためOliverは、外観を優先させるためにFPV機能を犠牲にしなければならなかった。飛行速度とバッテリーの時間も犠牲になったが、いや、それだけの価値はある。

m335 41 Transform a Quadcopter Into a Flying Millennium Falcon

m335 00 Transform a Quadcopter Into a Flying Millennium Falcon

m335 03 Transform a Quadcopter Into a Flying Millennium Falcon

m335 06 Transform a Quadcopter Into a Flying Millennium Falcon

m335 17 Transform a Quadcopter Into a Flying Millennium Falcon

m335 24 Transform a Quadcopter Into a Flying Millennium Falcon

m335 31 Transform a Quadcopter Into a Flying Millennium Falcon

m335 32 Transform a Quadcopter Into a Flying Millennium Falcon

m335 34 Transform a Quadcopter Into a Flying Millennium Falcon

m335 37 Transform a Quadcopter Into a Flying Millennium Falcon

m335 42 Transform a Quadcopter Into a Flying Millennium Falcon

プロペラのための大きな4つの穴を除けば、非常に正確に作られている。リアのスラスターに埋め込まれたLEDもリアルだ。Oliverは、Prophecy とファルコンの両方の詳しい作り方を彼のRCGroups.comページで公開している。

[原文]