Fabrication

2015.03.09

息子の新しい3Dプリント義手が届いた

Text by Chris "Okse" OxenburyTranslated by kanai

15年前、私たちは2050グラムの男の子を授かった。私はこれ以上ないほど喜んで幸せな気持ちになった。私は彼を、ライオンキングのシンバのように空に向けて抱き上げたいと思った。しかし、ワーズレイ病院では、そんなことは許してくれなかった。なので私は、スター・ウォーズのフィギュアを買い与えることで自分の舞い上がった気分を抑えたのだ。

彼は未熟児だったので、私たちの手から離れてしまった。母親は産後の手当てのために部屋に連れて行かれた。そして私は、小さな(本当に小さな)赤ちゃんに会おうと部屋に飛び込んだ。息子の傍らに立ち、髪の毛の先から体全体をじっくりと眺め、こう思った。「やったぞ」と。今思えば、母親の手柄のほうが大きい。ありがとう!

そして私は気がついた。息子の左手には指がなかった。愕然とした。涙があふれた。これは私のルールに反する。泣いていいのは、誰かが死んだとき、つま先をぶつけたとき、強烈に痛いときとタマネギを剥いたときだけと私は決めていた。

私の頭の中で未来の光景を想像した。学校でいじめられるだろう。そして胸に突き刺さったのは、「息子はゲームボーイで遊べない」ということだった。

実際、彼は学校でいじめられることもなく、DS、Xbox、iPad、PCと天才的に使いこなしている。心配には及ばなかった。そればかりじゃない、彼はピュディーパイ(スウェーデン人のYouTubeコメディアン)の大ファンなのだ。

数年前、私たちは24時間チャリティー番組を立ち上げて、Joeのための立派な義手を手に入れた。非常に美しいもので、寄付をしてくれたすべての人に感謝申し上げたい。

数カ月前、どこかの子どもが3Dプリントした義手を受け取るYouTube映像を見た。それは驚きだった。たしか彼は最初に、「ほら、手が握れるよ」と自分の手を握って言っていた。感動的だった。

私はインターネットで彼らにコンタクトを取った。中央にメジャーを当てたJoeの腕の写真を送ると、彼らはイギリスのボランティアを紹介すると言ってくれた。彼の名前はJamesと言う。彼はスターだ! 私たちは電子メールで話をしたが、彼は私にプラスティックの一部を送ってくれて、息子の左腕(これはまさに『ファインディング・ニモ』の幸運のヒレだ)の幅を測るように言った。

私たちは何度も意見交換を行い、彼はいくつかのスタイルを見せてくれた。Joeは黒いスティームパンクなスタイルが気に入ったようだ。Jamesはそれに合うかどうかを確かめるために、背皮まで送ってくれた。2月3日、ついにそれが届いた。私たちはそれを箱から出し、みんなに見てもらおうとYouTubeのビデオにして公開した。息子も大変に気に入っていた。

Jamesを紹介してくれたenablingthefuture.orgには本当に感謝したい。私たちの人生を変えてくれた。

私はお金を貯めて、自分で3Dプリンターを買おうと考えた。こうしたものを私も作って、世の中に広めたいのだ(だから、私の絵を買ってね!)。

最後に、@gumsaver での私のボスであるHani Mostafaに言いたい。彼も同じような考えを持っていて、世界を変えたいと思っている人物だ。彼の援助には本当に感謝している。

私に言わせれば、この世界はほんとうにいいところだ。

原文