Fabrication

2015.11.02

生きているように動くモンスターの手

Text by Gareth BranwynTranslated by kanai

monsterHands_1
InstructablesのメンバーであるNathan Sellersは、ハロウィンのコスチュームに使うモンスターの手の作り方を投稿した。メカニカルなフックとワイヤーと木で作った指の関節に接続され、実際に手を使ってコントロールできるようになっている。

下のビデオは動きのテストをしているときのものだ。大きな3本の指がとてもスムーズに動くのがわかる。

材料には、基本的に家の周りにあったものを使った。2×4数本と、手の平用の2×6だ。購入しなければならなかったものは、ステンレスのアイフック60本と、額縁用のワイヤーを3メートルほどだった。これらは指を動かすメカニズムに使う。

monsterHands_2

3本指の大きな手を作りたかった。基本のデザインを描き起こし、それぞれの指の節の長さを測った。それに、接合部分に必要な1センチほどの突起を追加した。

monsterHands_9

アイフックは指の動きに欠かせない部品だ。指の背の部分には、ゴムバンドを通して、手が開かれた状態を保つようにした。腹の側にはワイヤーを通した。このワイヤーを引っ張ると指が曲がる。指の背のフックは、節の両側に付けた。腹側のフックは、それぞれの節の先端に付けた。こうすると指が大きく動くようになるのだ。

monsterHands_5

ここからは芸術性と機能性の折り合いの問題だ。指は大きく動かしたいが、リアルな形状もほしい。そこでドレメルで削ることにした。本物の指に見えるように削ったのだが、これにはかなり時間がかかった。

monsterHands_10

さて組み立ての段階だ。メカニズムの部品は揃った。まずワイヤーだ。ワイヤーをアイフックに通していく。指の先端のアイフックに片方の端を結びつけ、もう片方の先はキーリングに結びつけた。ワイヤーの長さは、自分の指で木の指をどれだけ動かしたいかによって違ってくる。

こうして、大きな腕を持つ身長210センチの恐ろしいモンスターができあがった。このプロジェクトの完全な説明は、ここで見ることができる。

monsterHands_8

詳しい作り方はInstructablesの「Mechanical Monster Hands Instructable」をどうぞ。

原文