Electronics

2016.11.30

タトゥーサーキットで体を光らせよう

Text by Caleb KraftTranslated by kanai

lighting-body-temporary-tattoo-circuits

タトゥー技術は、この数十年間でいろいろな方向に発展している。タトゥーガンはより正確に、インクはより長持ちが利き、色鮮やかになった。アーティスト自身も新しい分野に挑戦し、スキルや表現を競っている。そして今や、タトゥーアーティスト以外にも、テンポラリータトゥー(剥がせるシール式のタトゥー)で電子回路を作るなどの楽しい活動が目立ち始めている。

数年前まで、数人のアーティストが頭の中で構想を練っていた。そして今週、Skintillatesが私たちのソーシャルフィードに現れて、LEDを内蔵したテンポラリータトゥーを披露してくれた。

SkintillatesはLEDを埋め込むだけではない。彼らのビデオでは、テンポラリータトゥーをコンピューターの入力デバイスやセンサーに使う例も見せてくれている。

見た目によく似ているプロジェクトを、去年、Sparkfunの動画サイト、ElectriCuteで公開していた。彼らはELパネルを肌に貼り付けて、マスキングで余分な部分を隠して、光るタトゥーを作った。

Chaotic Moonのプレゼンテーションでは、彼らのテクノロジーの利用法を紹介している。私の胸に突き刺さったのは、導電性インクを使えば、素早く簡単に皮膚にペイントができるという点だ。彼らは、回路とその他の美しいものとを見事に組み合わせている。

DuoSkinも美しいデザインだ。作品には、導電性の素材だけを使ったものがあり、その形状は感動的に美しい。途中から、さらにクールな作品を見せてくれる。たとえば、熱で色が変化する素材を使ったものだ。

この他にも導電性タトゥーを知っている人は、どうか教えてほしい。

原文