Fabrication

2016.11.08

農具を3Dプリントで自作するミャンマーの農家

Text by Taiei HarimotoTranslated by kanai

農業は骨の折れる仕事だ。とくにミャンマーでは重労働だ。その理由は、国民の年間所得が低いこと(600米ドル程度)、インフラが未整備なこと、質の良い農具が手に入らないことなどがある。ヤンゴンで高度な農具を開発して国内の農家を支援している社会事業、「Proximity Designs」のデザイナーとして、私たちの挑戦を紹介しよう。

image03
Proximity Designsのエンジニアが機械工に「ロータス灌漑ポンプ」のプロトタイプについて説明している

私たちが支援している農家と同じく、私たちの仕事も楽ではない。製造コストを低く抑えなければならないのだが、最近までプロトタイピングは高価な金属加工機に頼らざるを得なかった。時間もかかるしコストもかかる。2015年の後半に私たちは、元の仲間であったZachary GouldからMakerBotのことを知り、3Dプリンターが私たちのプロトタイピングサイクルの一部として使えないかを調べることにした。すると彼らはプリンターを寄付してくれて、これが私たちの工学的チャレンジにどれだけ貢献できるかを試してほしいと言われた。

image05

「私たちはいつも新しい技術を探しています。今回のプロジェクトでは、私たちがデザインした3Dプリントした部品を射出成型する実験を行いました」– Proximity Designs

Proximity Designsは、2004年に、ミャンマーで大多数を占める小規模小作農家に収入をもたらす製品を地元で開発するために設立され、ほぼ14年間にわたる活動で、10万2000件の農家に、合計で2億760万ドルの収入をもたらすことがでた。農家の人々と、我々のエンジニアやデザイナーが直接関わるととで、製品化する前の段階で即座にフィードバックが得られる。

「Replicatorのおかげで、研究開発のプロセスが根本から変化しました」と我々の元の仲間で機械工学エンジニアのGouldは言う。3Dプリンターは中心的な役割を果たしている。たとえば、「とくに、スペーシングリングのように、製品全体の調整に欠かせない重要部品など、特別な部品のサイズを決定しなければならないとき」に役に立つ。

image04

image07

コンピューター制御式のマシンが使えなかったときは、重要部品の溶接も手で行っていた。公差が厳しい精密な部品になると、かなり大変な作業だ。

image06

Gouldによると、我々がともに仕事をした製造業者は、ほとんどCADソフトウェアを使った経験がなく、これから作る部品については2Dの絵を使って話し合っていたという。それではわかりにくい。「プリントした部品があれば、製造業者との話し合いが驚くほどすんなり行った」と彼は説明する。

image01

image00

私たちはミャンマーの地元の製造業者に頼ってきた。ミャンマーの業者は大変に能力は高いのだが、非効率な手作業のために時間がかかる。とくにスピードが命のプロトタイピングではそれがネックだった。我々の製品がより高度に複雑になるにつれて、部品の精度が要求されるようになり、非効率性がさらに問題となった。

「デザインチームは、手作業で仕上げられる部品の精度が上がるのを待たなくてよくなりました」とGould。「プロトタイプは3Dプリンターによって素早く作られるようになり、現場でのテストもやりやすくなりました。貴重なフィードバックが得られるようになり、デザインの改良が容易になりました」

3Dプリンターによるプロトタイピングの高速化は、私たちの、ミャンマー中の農村部の家庭の要求に応える能力が向上した。

image02

「私たちは、CADソフトウェアをプロトタイピングと工具のデザインの全面に活用しています。ロータス灌漑ポンプのようなプロジェクトでは、多くのプラスチック部品はかなり複雑な形状で、しかもそれらを100個以上組み合わせる必要があり、CADソフトの重要性は計り知れません」– Proximity Designs

過去において、CADソフトで設計を行い、それを海外の業者に作らせて送ってもらい、テストしてまたイテレーションを行うことがあった。その1サイクルは1ヶ月かかる。機械加工と送料も馬鹿にならない。部品を3Dプリントできるようになってからは、実際にそれを組み込んでテストしたり、改良したりできる。何千ものオーダーでアルミ製部品を海外に発注する場合は、時間もコストも大変な節約になる。

Proximityのチームは、将来のプロトタイピング作業においてもMakerBotと協力していきたいと考えている。3Dプリンターのスピード、信頼性、汎用性は、テクノロジーのダイナミックな変革を可能にし、ミャンマーの未来の農家に人生を変えるような製品を提供するという私たちの活動を支えてくれている。

原文