Other

2017.03.17

Kickstarterを開始する(6):カウントダウンとローンチ

Text by Natasha DzurnyTranslated by kanai

英語版編集者から:どのようにKickstarterが進められるのかを細かく紹介することに意味があると思い、Natashaの同意のもとに、みなさんがキャンペーンを立ち上げる場合の参考になればと、彼女のキャンペーンを6つのパートに分けて紹介することにしました。


Kickstarterローンチの日

私はNatasha。TechnoChic.netでTechnoChic DIYテック・クラフト・キットを開発した。今まさに、私はKickstarter.comの大きな緑の「launch project now」ボタンをクリックして、私の新しい光る紙の蝶ネクタイDIYキットのキャンペーンをローンチさせたところだ。ついに始まった。このローンチまでの最後の1週間は重労働の連続と決断の日々で、締切は光の速度で迫ってくる。今回は、ローンチ当日までの最後の準備について詳しくお伝えしたいと思う。これが私の6回目の記事になる。先週までの記事を読まれたい方は、こちらを見て欲しい
キャンペーン実施中。

2月28日火曜日 – ローンチまであと7日

本日の目標:細かい計画を立てる

あと1週間ということで、まだできていない準備の項目を列挙した。優先順位を決めて、それぞれの日の目標を立てた。私は、他のKickstarterがローンチまでの準備をどのように行っているかを調査した。ウェブ上には素晴らしいアドバイスがたくさん載っていた。その中から、私の役に立ったアドバイスを紹介しよう。

Kickstarterローンチの日のチェックリスト
Kickstarterプロジェクトのタイムライン
ローンチ前のお節介な助言(チェックリストがプリントアウトできる。私も利用した)
役に立つ情報を集めてみた

3月1日水曜日 – ローンチまであと6日

本日の目標:休む

週末は仕事することになるだろうと考え、今日、休むことにした。寝転がって、キャンペーンのことは一切しない、というわけでもない。普通に家で夕食をとって、少しキャンペーンから離れてリラックスしようと思う(やったー!)。残りの日々は頭がおかしくなるほど忙しかったから、ここで休みを取っておいて正解だった。

3月2日木曜日 – ローンチまであと5日

本日の目標:Kickstarterキャンペーンの内容を提出して承認をもらう

Kickstarterのウェブサイトには、ローンチ前にプロジェクトを評価するアルゴリズムがある。このアルゴリズムが承認しない場合は、すぐにKickstarterのスタッフがそれを確認して、承認を出すか、どこが悪いのかを教えてくれる。このプロセスには少なくとも最低2営業日かかる。だから木曜日までに提出しなければ、翌週の火曜日のローンチには間に合わない(もっと早くやっておけば無難だったのは確か)。

提出用の資料には動画を含めなかった。動画は作り直したいと思っていたからだ。動画はあとでアップロードすれば済むとわかっていたので、それより承認のほうを優先させた。プロジェクトは金曜日に承認された。提出した翌日だ(やったね!)。

木曜日は撮影の最終日だ。伝統的なファッションに蝶ネクタイを合わせるために、私は上等なスーツを持っている品のいい隣人にモデルを頼んだ。こんな大切な写真の撮影を土壇場まで引き延ばしたのは危険だったが、写真の出来には大変に満足している。

TechnoChic-Bow-Tie-Suit-Blinking

3月3日金曜日 – ローンチまであと4日

本日の目標:ローンチ前のお知らせのメーリングリスト

もう一度、私のメールリストでキャンペーンのお知らせをするときが来た。約1カ月前、このブログ記事を書き始めてから、私は電子メールでKickstarterキャンペーンのお知らせと、この記事のシェアをしてきた。読者が増えることを期待して(それがもしあなたなら、ありがとう!)。私は火曜日のローンチの前に、なるべく多くの人に告知するために、金曜日に最後のキャンペーン前のお知らせを送ろうと考えた。そのメールは、先週掲載したキャンペーンのプレビューのリンクと、どんな報酬が欲しいかを購読者に尋ねる内容だ。また、最初の100名のバッカーにはボーナスがあるという知らせも載せた。このメールを見て、早めに寄付を決めると、いいことがあるのだ。

Screen-Shot-2017-03-06-at-4.20.21-PM

3月4日土曜日 – ローンチまであと3日

本日の目標:追いつく日! 遅れている仕事を片付けて予定の軌道に戻す

追いつくための1日が必要になった。予定から遅れている。数週間前に動画を撮ったのだが、台本が気に入らなくなった。どんなアートもデザインも、プロジェクトが進むにつれて、もっといいものが作れると思うようになる。そこで、メッセージを練り直して映像と音声を撮り直すことにしたのだ。それができたのは、本当によかった。クリエイティブなプレッシャーに動かされて、いいものが作れた。一度分解して組み直すべきだと考えていたので、そうしたところ、ずっといいものになった。これで、胸を張って動画を公開できる。

ブロガーへのパッケージの発送も急がなければならない。このシリーズの最初の記事で、私はブロガーに蝶ネクタイのプロトタイプを送ると約束した。私の製品を気に入ってくれそうな人で影響力のある人たちに気に入ってもらえるよう、製品をできるだけ多く配ろうと考えていたのだ。Bill Nyeにも送った。私は彼の大ファンなのだ。彼は蝶ネクタイが好きだ。どうなることだろうか。この仕事は、思ったよりも時間がかかってしまった。ブロガーからの返事を待つ時間もあったし、さらに新しくつながりたいブログを開拓するための時間も必要だった。ローンチ前にあと1カ月か2カ月時間があって、この作業に使えたらと思ったが、ローンチ後でもそれは可能なので続けることにする。

3月5日日曜日 – ローンチまであと2日

本日の目標:動画の更新と編集の仕上げ

ナレーションを新しくしたのに伴って、動画のカットを編集しなおした。まる1日かかってしまったが、新しい動画はロケットエンジンに火が点いたような感じだ。ついに準備が整ったという気分。ローンチが待ち遠しい!

Screen-Shot-2017-03-06-at-5.28.34-PM

3月6日 – ローンチまであと1日

本日の目標:準備を完全に整える

最終準備の頂点だ。私は1日をかけて、プレゼンテーションで言いたいことが言えているかを確認し、アクションプラン(下の図)を完成させ、キャンペーンのローンチ後に行うことを詳細に列挙した。この詳細なチェックリストの重要性は言葉では言い表せない。ローンチはとても情緒的なもので、興奮するあまり、気が散ったり忘れたりして細かい部分が抜けてしまいがちになる。私の場合、「一度に1つずつチェック」というやり方が大変に有効だった。

ローンチ前日の最終準備

・報酬を確認する(誰かが寄付してくれたら、もう変更はできない)
・リンクを確認する
・写真を仕上げる
・スペルをチェックする
・Googleアナリティックを設定する

DIY蝶ネクタイローンチ当日の予定

・ローンチボタンをクリックする:午前9時ごろ
・ニュースレターでキャンペーンのローンチを知らせる
・Http://www.technochic.netのローンチ告知を更新
・Make:ブログの記事をアップ
・Instagramのプロフィールとリンクを更新
・Instagramにアップ
・Twitterのプロフィールとリンクを更新
・Twitterにアップ
・Facebook(個人)のプロフィールとリンクを更新
・個人ページに記事をアップ
・Facebook(TechnoChicページ)のプロフィールとリンクを更新
・TechnoChicページに記事をアップ
・Linkedinのプロフィールとリンクを更新
・ブログ記事を追加
・Mediumのプロフィールとリンクを更新
・ローンチの告知と広報資料をアップ
・Pinterestのプロフィールとリンクを更新
・キャンペーンの画像をピン
・Etsyのプロフィールとリンクを更新
・Etsyページの花の画像を加工
・ライブ・キャンペーン・リンクの電子メールの署名を更新
・キャンペーン動画とリンクをYouTubeにアップ
・キャンペーン動画とリンクをVimeoにアップ
・キャンペーン動画とリンクをBechanceにアップ
・サンプルを送ったブロガーのメーリングリスト(告知と広報資料の場所について):昼ごろ
・Instagramに再アップ
・Facebookに再アップ
・大企業向けメーリングリスト
・クラフター・DIYブロガー向けメーリングリスト
・Makerブロガー向けメーリングリスト
・教育ブロガー向けメーリングリスト
・技術系ブロガー向けメーリングリスト
・地元報道機関向けメーリングリスト
・友だちや家族にメールまたはFacebook:5時ごろ
・Instagramに再アップ
・Facebookに再アップ
・初期のバッカーに感謝を送る
・最初のプロジェクト更新
・Instagramに再アップ:11時ごろ
・Facebookに再アップ

3月7日の朝

本日の目標:ローンチボタンをクリックする

早く起きて、おいしい朝食をとり、コーヒーを飲んで、ローンチ当日のアクションプランを確認する。

Screen-Shot-2017-03-06-at-5.15.35-PM

私はとてもワクワクしている! 読者の皆さんがKickstarterキャンペーンをチェックしてくれることを期待している。

個人的な話

この記事は、Kickstarterのリアリティー番組みたいなものなので、キャンペーンの感想や、どのように進行するかもお伝えしたいと考えた。

今週はKickstarterで頭がいっぱいだった。1つの仕事に集中してがんばることは大好きだが、毎日が混然として、週末も普段の日のようになってしまった。目が回る思いだ。とても興奮しているが、同時に疲れている。それでなんとかバランスが取れている。

私の中には大変に恐れている自分がいる。大失敗するのではないかと。同時に、楽観的な自分もいる。大成功するかもしれない。いちばんの楽しみは、プロジェクトを公開して、どんな反応があるかだ。ないかもしれない。何かを作って、それを世界に向けて送り出し、いつもと同じようで、まったく意外な結果になるかもしれないことを考えると面白い。この製品のスケッチを最初に描いてから1年半。何百個ものプロトタイプを作り、何百時間もこれにかけてきた。私はこれを信じている。これで戦う準備ができている。

ストレスとうきうきする気持ちにも関わらず、睡眠時間はとれている。テイクアウトは数え切れないほど。もうキッチンがどんなだったか忘れてしまった。今週は、ミートローフでも焼こう。これまでお付き合い、ありがとうございました。

原文