Crafts

2017.03.10

エポキシで海のテーブルを作る

Text by Caleb KraftTranslated by kanai

Youtubeチャンネル「I Like To Make Stuff」(私は作るのが好き)のBob Claggetは、これまでに作ったことのない分野のものに挑戦しようと考えた。そして、その結果は素晴らしいものとなった。多くの人が作っている、テーブルの長い谷にエポキシを流し込む「リバーテーブル」にヒントを得て、Bobはその海版を作ろうと考えたのだ。少しの間、ブレインストーミングをした彼は、計画を思いついた。テーブルの土台にコンクリートで作れば、砂に見えるはずだと。

最初にメラミン樹脂で型を作った。コンクリートもエポキシも接着力が大変に強いことをわかっていた彼は、念入りに型にコーティングを施した。それでも、動画の中に登場するが、彼は型の一部を外すのに大変に苦労した。しっかりとコーティングすることが肝心で、時間の節約にもなると彼は言っている。

すべての材料を流し込んだ後、硬化するまでしばらくの待って、さらに最後の仕上げが待っていた。エポキシにサンドペーパーをかけて、バフで磨き上げるのは時間のかかる作業だが、その甲斐はあった。エポキシは海の水に見えて、コンクリートの海底も美しい。

作っている間、Bobはかなりイライラしているように見えたが、最後までがんばった。結果として、彼は素晴らしいテーブルを手に入れた。それが何よりの褒美だ。

原文