Crafts

2017.10.23

3Dプリントしたブラスターからユニコーンの折り紙まで。8つのブレードランナーのレプリカ小道具

Text by Hep SvadjaTranslated by kanai

私は映画『ブレードランナー』が大好き。その話を始めたら止まらなくなるから、誰だって気づくはず。今は『ブレードランナー2049』のおかげで、「やれやれ」って顔をされずに済むようになった。それに、Maker友だちがブレードランナー関係の素晴らしいプロジェクトをいろいろ作ってくれた。みんなにもできるから、作ってみて。

デッカードの3Dプリントブラスター

最初は3D CentralのAndrew Forsterが3Dプリントで製作したデッカードのブラスター。この3Dプリントは素晴らしい。木のフィラメントでプリントしたグリップにステインを塗って木の風合いを出している。シリンダーも回転するし、埋め込んだLEDもちゃんと光る美しい仕上がりになった。

デッカードのブラスターのおもちゃ

Sean Huxterの作品は、おもちゃの鉄砲と市販の電子部品と、家にある日用品と、市販のキットの部品を組み合わせて、映画の写真をよく研究して作られたもの。素晴らしい出来映えだ。

pkd-side-leds-on-620x471

フォークト=カンプフ検査機型ライト

お次は、YouTubeのcaitlinssuperdadが作ったフォークト=カンプフ検査機型のライト。Adafruit NeopixelsとArduino Unoを使っている。ふいごも動くし、感情メーターも動き、有機EL画面に検査対象者の目の映像が映し出されるという充実ぶり。映画そのままに動くところが最高にいい。音もちゃんと出るところが、また素晴らしい。

Meehanのフォークト=カンプフ検査機

実際に機能するフォークト=カンプフ検査機を作るというHackadayのTom Meehanの進行中のプロジェクト。本当に人の感情を測定することができるという。このプロジェクトを私は2カ月間フォローしているが、壮大な計画だ。歯車やメカニズムやセンサーを使って、いろいろな刺激を感知する実験の様子は、とても面白い。プロジェクトをフォローすると、Makerがどのように考えて、どのように作るかを知ることができる。自分とは違う方法やアイデアで一歩ずつ進んでいく様子を見ることは、とてもためになる。

4455541496982587888-620x465

デッカードのマンションの幾何学タイル

ファンの一人として、ブレードランナーの劇中に登場するさまざまな物のデザインも大好きだ。私は自分の家全体を、レトロフューチャーな感じにしたいと夢見ている。デッカードのアパートの装飾も、いい味出している。KeenanがThingiverseで公開している ブレードランナーの幾何学タイル をプリントして使ってみてはどうだろう。

mosaic_preview_featured_Tile-620x466

オフィサーKの銃

すでに『ブレードランナー2049』のコスプレを行うファンも現れている。Chicken956は、ThingiverseでオフィサーKの銃を公開した。ほんのわずか映画に映ったり、セットの写真で見られる小道具を即座に作ってしまうファンのコミュニティの力には、すごいものがある。

c2826b365e0f5beadb106a677fae40bd_preview_featured-620x466

ガフの折り紙ユニコーンの3Dプリント版

私の友人で、Burbank MakerspaceのTamara Grayは、ガフのユニコーンの折り紙を3Dプリントで作った。モデルはThingiverseで公開されている。

22228276_10107266951737312_7092425466845156436_n-620x620

本物の折り紙のユニコーン

実際にユニコーンを折りたいという純粋なファンのために、Duke Harperが折り方を公開してくれた。

Adam Savageが作ったブレードランナーのブラスター

最後に紹介するのは、いつだって時間を割いて見る価値ありのAdam Savageのブレードランナーのブラスター・ギャラリー と、小道具職人としての 彼の道のりの話。Dan Laniganが所有している本物のブラスターの小道具と対面する場面も素晴らしい。Adamの興奮の様子や、彼のブレードランナーに対する敬愛の思いが伝わってくる。

Screen-Shot-2017-10-06-at-11.32.05-AM-620x407

原文