Other

2017.11.21

TechShopを悼んで。そしてそれぞれのチャレンジを続けよう

Text by Dr. Evan MaloneTranslated by kanai

TechShopが破産申告というニュースを聞いて、私は凍り付いた。先進的な創設者、Jim Newtonをはじめ、出資者、従業員、インストラクター、会員、関連業者、土地提供者、そしてTechShopを支えた数多くの地元のコミュニティなど、すべての関係者、影響を受けた人たちに同情する。TechShopは私たちに、手を動かすこと、知らない人と力を合わせること、他の人の問題を解決することを教えてくれた。それは、現代社会から失われつつあった、素朴ながら非常に重要な活動だ。TechShopに関わったすべての人が、その大切さと情熱を実感したと私は確信している。その人たちは、今後もこの情熱を引き継いで、将来の成功につなげてほしい。

13700198255_9253267330_b-1-1024x683

2010年1月、NextFabをオープンさせた私は、「メイカースペース業界」を初めて大規模展開したTechShopに、尊敬と嫉妬が入り交じった気持ちを抱いていた。ビジネス戦略と競争の理論によれば、スケールを拡大することでTechShopの長期間にわたる存続が可能になるはずだった。しかし、TechShopのビジネスモデルが根本的に「不可能」だったとするWoods氏の結論には、不吉なものを感じる。

フィラデルフィア、ペンシルベニア、ウィルミントン、デラウエアで営利目的のメイカースペースのささやかなネットワークを展開するNextFabの創設者として、私はこれに大変に身近な危機感を覚えている。

503-N-Tatnall-St13-1024x657

この大変な時期に、貴重な体験談を話してくれたWoods氏には感謝している。同時に「不可能」という言葉は、私にはチャレンジに聞こえた。同じ轍を踏まず、失われたものに敬意を払い、細かいところに潜む危険を知り、前に進み続ける。

営利目的か非営利かに関わらず、ビジネスモデルを模索している独立系メイカースペースは、今でもたくさんある。そうしたメイカースペースはアメリカ全国、さらに世界中のほぼすべての都市に存在している。そのすべてが、TechShopの革新的な業績の恩恵を何らかの形で得ている。そしてどのメイカースペースも地元のコミュニティとつながり、持続可能で貴重な実例を数多く私たちに与えてくれている。

DSC6934-1024x684

不可能を断固として拒否し、意欲的に学習し、教え合い、創造的であることが、Makerムーブメントの、そしてメイカースペース業界の命だ。それが、TechShopを突き動かし、すべての人に作るチャンスを与えた。その原動力は、今後も人々の間に衝動を伝搬させ、それぞれの高い目標に向かって、それぞれの道を歩ませ続けることになるだろう。

原文