Crafts

2015.06.09

90年代トランスフォーマー風オモチャをプリントしよう

Text by Sophia SmithTranslated by kanai

stingray1

Lincoln Logs、Lego、Tinkertoys、Hexbugs、K’nexなど、組み立てられることが子どものオモチャの世界では大きな売りになっている。ということは、自分で組み立てられないオモチャを買って遊ぶことに、どんな楽しみがあるのだろう。

そうしたキットの中で最新のものが、アーティストでデザイナーのTomoo Ymaji(山路智生)が製作したエレガントなトランスフォーマー風アクションフィギュア、Stingrayだ。Shapewaysで公開されている。このフィギュアの2つの形態を初めて見たとき、私はまったく別のオモチャだと思った。優雅なエイの姿と勇猛なコンバットモードの変化があまりにも激しい。

stingray2

注文に応じて、Shapewaysは部品をプリントして送ってくれる。あとは自分で組み立てなければならない。部品にはネジ穴が空いているので、接合は簡単だ。接着剤は使わない。ネジは手元にあるものを使ってもいいが、注文もできる。190ドルのキットを買った場合は、オマケで付いてくるようだ。

Stingrayは3D CADソフトのRhinocerosでデザインされ、Shapewaysが提供する頑丈で柔軟な白いナイロンプラスティックでプリントされる。しかし、作者が紹介している写真やビデオには、インディゴに塗られ、金と赤でアクセントを入れた美しいモデルが使われている。詳しい情報とダウンロードできる組み立て説明書は彼のウェブサイトでどうぞ。下のビデオでトランスフォームする様子をぜひ見てほしい。

原文