Electronics

2015.08.19

Linuxとクリエイティブ・コモンズで9ドルコンピューター CHIPがオープンに

Text by David ScheltemaTranslated by kanai

ntcosp

あの9ドルコンピューター、CHIPがどこまでオープンになるのかと思っていたが、恐ろしいほどオープンだった。

欲しいファイルはここにある

オープンハードウェアのファイルと、Next Thing Co.の資料のページだ。

chip

カリフォルニア州オークランドのNext Thing Co.がCHIPをローンチしたときは、その性能(1GHz R8 ARMプロセッサー、512MB RAM、4GB NANDストレージ、WiFiおよびBluetooth内蔵)と、クレイジーなまでの低価格(わずか9ドル。海外送料は別)で大きな波紋を呼んだ。最終的に開発チームはクラウドファンディングで200万ドル以上を獲得し、Makerのみならず大手メディアの注目も集めた。今でも、CHIPに対する関心の的は、その価格と技術的仕様に集中している。

Next Thing Co.のCEO、Dave Rauchwerkは、ボードに関するより詳しい情報を公開した。なかでも驚いたのは、CHIPはクリエイティブ・コモンズの継承ライセンスの下で作られ、R8データシートが用意されること、そしてNext Thing Co.がLinux財団に加わるということだ。これによりCHIPは、ただ安いだけのコンピューターではなくなる。

ハードウェアが安いのはいいことだ。クロックが速ければ、あれこれ動作が速くなる。しかし、Makerが開発に使える強力なソフトウェアのスタックがなければ、それも意味がない。そこで、RauchwerkとそのチームはFree Electronsと手を組み、彼らの埋め込みLinuxのエンジニアリングに関する能力を借りることにした。このパートナーシップが、CHIPがLinux対応になるという今日の発表につながっている。

注目すべきは、今日の時点で、CHIPは4.2 Linuxカーネルを走らせるという点だ。これは最新バージョンのLinuxカーネルで、すべての最新の最高の機能が付いてくる。通常、Linuxを走らせる埋め込みシステムには最新のカーネルは乗らないものだ。だが、カーネルはダウンロードしてソフトウェアでパッチを当てることで、最新版に対応できるようになる。

Rauchwerkによれば、CHIPは違うと言う。彼と彼のチームは、すべてのCHIPのコードを「幹線」にするというのだ。これはうまい言い方だ。彼らは、CHIPのコードをLinuxカーネルのメインブランチに組み込む努力をしている。彼らの、Linux 財団との新しい関係を結ぶことで、これが前進することは間違いない。

CHIPをメインブランチにした場合のいちばんのメリットは、ボードのユーザーや開発者にある。開発者は Linuxのすべての最新機能を使うことができ、特別なボードファイルを使ってパッチを当てる(これが一苦労だ)必要もなく、Linuxのディストリビューションにとっては、CHIPにコードを書き出すのが非常に楽になる。

hacker

CHIPが現在、最新の4.2カーネルのLinuxを走らせているという情報に加えて、Rauchwerkはソフトウェア開発キット(SDK)も発表した。

RauchwerkがCHIPの出荷日を明言してくれたおかげで、最初の1000台はカーネル開発者に渡ることになる。カーネル開発者とは、単にそう呼ばれているだけのことで、最初にこれを受け取るクラウドファンディングの寄付者の多くはハードコアのLinuxカーネルハッカーだとRauchwerkが信じているという話だ。開発者に対してリリースされることで、オペレーティングシステムの問題が洗い出され、一般の人たちがCHIPを手に入れるころにはそれが解決されているはずだ。

C.H.I.P. SDK setup

SDKのインストールも極めて簡単だ。VirtualBox 4.3(無料)のコピーをダウンロードして、拡張パッケージをインストールしてVirtualBoxを強化する。そして、Next Thing Co.のGitリポジトリのクローンを作る。

Git クローン https://github.com/NextThingCo/CHIP-SDK

インストールを開始すれば、それは必要なファイルを自動的にネット上から引っ張ってきて、開発環境を整えてくれる。一般的な開発環境の設定に比べれば、魔法のようだ。

「カーネルハッカーたちにすべての開発をやらせるてしまうのは不公平なので、箱から出してすぐに使える簡単なビルドシステムはハードウェアもあります」とRauchwerkは話す。

このSDKだけがNext Thing Co.の新しいソフトウェアではない。NANDとオンボードCHIPに対応するために大幅に改良されたU-BootLinuxビルドbuildrootflash CHIPのスクリプト、SDKでコンパイルされたカスタムLinuxもある。

Screen Shot 2015-07-22 at 5.15.04 PM

Rauchwerk は、クラウドファンディングの寄付者に対して、CHIPをオープンソースにすることを約束した。私たちはその決断を歓迎する。CHIPでもっともエキサイティングな点は、それが初めての9ドルコンピューターであることではない。初めての「オープンソース」の9ドルコンピューターだということだ。

原文