Electronics

2013.01.10

Raspberry Pi 教育マニュアル

Raspberry Pi Foundation(ラズベリーパイ財団)は、Computing at School(CAS)に加盟するイギリスの教師たちによって作られた Raspberry Pi 教育マニュアルを発表した。クリエイティブ・コモンズのライセンスのもと、無料で配布される。この本には、ScratchとPythonに関する章もあり、Liz Uptonが財団のブログ記事に書いたことによれば、間もなくJavaの章も追加されるそうだ。「現在、オラクルのグループと共同で、Pi用により高速なJava仮想マシン(JVM)を開発しています。

Electronics

2012.12.28

このハックでRapsberry Piを持ち歩こう

Parts-People.comの創設者でありCEOのNathan Morganは、素敵なポータブルRaspberry Piエンクロージャーを開発した。これには液晶画面、バッテリーパック、外部記憶装置、キーボード、トラックパッド、WiFi、Bluetoothが装備されている。それだけじゃない。ケースは3Dプリントなのだ。このプロジェクトの記事では、自分でも作りたいという人のために、詳しい作り方、パーツリスト、ブロックダイアグラム、ケースのSTLファイルが公開されている。

Electronics

2012.12.19

How-To:ソーラーパワー式Raspberry PiのFTPサーバー

Raspberry PiハッカーのCottonpickersが製作したこのビルドは、3Dプリントして手で組み立てたケースに収まっている。これが、300mAのソーラーパネルの裏に取り付けられているのだ。ケースの中には次のものが入っている。

* いちいち線を引っこ抜かなくてもオフにできるスイッチ(しかしスイッチを切っても充電は続けられる)。
* 太陽光でバッテリーに充電されている状態を示す青色LED。
* 電話など他のデバイスにも充電できるUSBソケット。

Electronics

2012.10.15

AdafruitのWebIDEがついに公開

Adafruitチームは、Raspberry Pi用の新しいプログラミングツール、WebIDEの開発をがんばってきたが、本日、公開されて使えるようになった。これはBeagleboneのCloud9 IDE/Node.JS/Bonescriptソリューションとよく似ているが、もっとフレンドリーな感じだ。ウェブブラウザをPiにポイントしてプログラムをするだけだ(大まかに言えば)。
ようやく、Raspberry Pi WebIDEのアルファリリースにこぎ着けることができました。そこで早速、免責条項。

Electronics

2012.10.04

AdafruitがRaspberry Pi用のWebIDEを先行公開

AdafruitはRaspberry Piに関連するクールなものをいろいろ作っているけど、最新ニュースにはぐっときた。このWebIDEは、Raspberry Pi用のコーディングやプログラムの実行を、あらゆるコンピューターのウェブブラウザで行えるというものだ。WebIDEはPi自身から提供される。ちょうど、BeagleBoneのNode.jsコードをCloud9で書くようなものだ。AdafruitはWebIDEについてこう語っている。
私たちはRaspberry Piが大好きです。