Electronics

2015.04.22

スカイウォーカー対ストームトルーパー:エンドアのクアッドコプター対決

Text by Adam WoodworthTranslated by kanai

まず、私の前回の記事(“FPV Star Wars Speeder Bike Quadcopter Puts You in the Driver’s Seat”)を見て、コメントをくれて、シェアしてくれたみなさんに感謝したい。ほとんどがめちゃくちゃ前向きな、すごい反響だった。今回も、みんなにこの記事を読んでもらえて嬉しく思っている。これからも、面白い飛行機を作っていこうと思う。

スカウト・トルーパーのバイクを作ったすぐあと、森の中でそれを追いかけるやつも必要だと考えた。

私はルークのバージョンのバイクをeBayで値段が急騰する(みんなごめんね)前に購入した。そして、前と同じように改造を施した。最初のバイクのときの経験から、モーターのアームを少し伸ばして8インチのプロペラを装着できるようにして、ちょっと強力なKVモーターを使用した。これが大きな改良点となった。前のやつは、性能的にやや物足りないところがあったが、今度のは普通のクアッドコプターと同じように飛んでくれる。飛行時間も5分程度にまで伸びた。この違いは相当なものだ。スカウトトルーパーのほうも、同じ改造をしようかと思っている。

スカウトトルーパーに比べると、ルークの人形は大きく、軽量化が大変だった。首や腕に肌が見えている部分があるので(スカウトトルーパーの場合は黒いジャンプスーツ)、その部分を空洞化させる必要があった。

ヘルメットも大きくて重い。回転ツールを何度も使って肉厚を削った。さらに、ポンチョがローターに触れないように、数カ所をピン留めしなければならなかった。

私は友だちを連れて2台のバイクを持ってウッドサイドの公園へ行き、数時間かけてムービーを撮影した。下のショートビデオはそのときのものだ。これからも撮影を続けて、エンドアのチェイスシーンを再現したいと思っている。

撮影は“正史”に基づいて行われたので安心してほしい。何度も木に衝突したが、どちらのライダーも怪我はしてしない。

原文