Electronics

2016.01.26

ヴィンテージ風からモダン風まで、デザイン重視のRaspberry Piメディアサーバー22台 

Text by Jeremy S CookTranslated by kanai

Raspberry Piコンピューターは、これまでにいろいろなものに使われてきたが、なかでも日用品として人気なのがメディアサーバーだ。作ろうかどうしようか迷っていた人のために、メディアサーバーの作例をお見せしよう。ソフトウェアのチュートリアルもある。ケースはヴィンテージ風からモダン風まで、いろいろだ。

ソフトウェアのインストール

Media-server-1

見栄えはどうあれ、ソフトウェアが正しく作動しなければ話にならない。その助けになるリンクを紹介しておこう。

・Lifehackerによれば、このビデオチュートリアルを見ればXBMC(XBOX Media Center)のソフトウェアを30分以内でインストールできるという。
・それに対抗して「Make:」ではXBMCを20分でインストールできるという(ただし、ビデオではなく静止画)。
Piをハードディスクからのストリームメディア対応させるためのチュートリアル。
MiniDLNAを使ってセットアップする方法のチュートリアル。
「最高」のRaspberry Piメディアサーバーを作る方法だとのこと。ストリーミングシステムもカバーしている。
・トレントクライアントを使ってXBMCをインストールする方法。上のストームトルーパーの写真はここのもの[Pinterestより]
メディアセンターのための最高のLinux Distosに関するガイド。下のようなかっこいい写真もある。

pi-painted

・もうひとつのストリーミング方法にPi MusicBoxがある。これはPiを「Spotify、Google Music、SoundCloud、Webradio、Podcastsなどの音楽系クラウドのためのストリーミング音楽プレイヤー」にするものだ。

ヴィンテージPiケース

radio12-620x463-620x463

ソフトウェアはもちろん大切だが、美しいケースがなければつまらない。つまるところ、PC を使えば済んじゃう話だからね。ここに紹介するのは、古くて新しいヴィンテージ風のアイデアだ。

・上の写真のように、40年代のラジオがメディアセンターとして新しい生命を与えられた
・これも「音声のみ」のPi-Radioだ。もうひとつはじつに美しい動的に生成される「周波数」ダイヤルセレクター
・選択肢をずっと絞り込んで、BBC Radio 4だけを受信するRaspberry Piラジオなんてものも作れる。アメリカ人の私にはよくわからないが、素晴らしいハックだと思う。
1932 Piラジオ Mephisto IIは、じつにエレガントだ。下の写真がそれ。

Lifehackerより]

mephisto-II

1930年代と、最初のiPadとの間に位置するレストア物が、このSpotifyテープデッキだ。下の写真がそれ。テープを入れるとストリーミングのプレイリストが切り替わる(片面ずつ)。ボタンもちゃんと機能する。

・下のビデオに登場するのは、Audio Infuser 4700。WiFiストリーミングに対応したRaspberry Piだ。ターンテーブルもある。正面に埋め込まれた5インチのCRTには波形が表示される。[Hackaday より]

・メイソンジャーは今でもあるが、昔っぽく見える。下はメイソンジャーをケースに使ったPi enclosure made out of oneだ。

0-raspberry-preserve-hero

モダンなケース

pi-case-fan1

レトロな外観もいいが、21世紀のストリーミングやメディアツールは21世紀らしく見えるのもいい。ここでは、現代風のケースを紹介しよう。

・簡単にケースを買うだけでオーケーなら、これがいい。ファンも内蔵されている。もうひとつは、テレビの背面にマウントできるという便利なものだ。
・下の写真は、暖房の温度調節機に埋め込んだ薄型のメディアサーバーだ。

raspberry-pi-media-server-tronixlabs

・工具が揃ってないという人は、レゴでケースを作るという手もある。または、アルトイズの缶も使える。
SqueezeBerry の音楽プレイヤー は色的にレトロな感じだが、ガレージにあった廃木材で作られている。

squeezeberry

原文