Crafts

2008.06.16

ペダルを漕ぐとシャボン玉が出る自転車

かわいい! ペダルを漕ぐとシャボン玉が出る自転車だ。Guyより – Bloomは、このコンクリートジャングルに驚きの意識変革をもたらすツールです。私たちは、風に乗せて種を運ぶタンポポの綿毛のように、シャボン玉と自転車で植物の種を蒔く方法を提案します。種はシャボン玉液に混ぜ込まれています。自転車のペダルを漕ぐと、シャボン玉に乗って種は浮遊し、やがて街路の割れ目や隙間に落ちて蒔かれます。時がたつと、種が生長して花を咲かせ葉を茂らせ、歩道や車道に緑の縁取りとなります。
材料は天然のものを使用します。

Fabrication

2008.03.04

4層自転車でバランス感覚を磨け

重力とバランスの法則はどうなってるのかと気になる。この写真を撮影した直後に激しくコケたんじゃないかと心配になる。でも、とにかくこれを作って、とりあえず走らせた技術の高さには敬意を表します。
– Jonah Brucker-Cohen
訳者から:それより、どうやって降りるんだ? このおっさん、どう見ても身軽そうには見えないし……。

Electronics

2008.01.18

足漕ぎ式テニスボール打ち出し機

Andreaはこの驚くべき足漕ぎ式テニスボール打ち出し機のネタを送ってくれた! これは、自転車の部品で作った”キメラ”テニスボール打ち出し機です。クリーンな動力で動き、すべて自転車のリサイクル部品で作られています。プレイヤーのレベルに合わせた、テニスとサイクリングの両方の練習ができます。打ち出し機はトレーラー式になっているので、自転車の後ろにつけてテニスコートまで運んで来ることができます。自転車を固定すると、打ち出し機の動力源になります。サイクルトレーナーで漕ぐのと同じようにペダルを漕げば、打ち出し機の2つの車輪が回転します。

Fabrication

2007.10.18

ソーラー・ファームワゴン – 小規模ビジネス向けプラットフォーム

AfriGadgetで紹介されたソーラー電池搭載の農耕用ロバ車には、21世紀的なオマケがついている。
HAPV(HAPPYという名で宣伝されている)は、改良型の馬車だ。ロバが引っ張る車の屋根のソーラーパネルを載せたFUV(Farm Utility Vehicle)は、実にユニークにして、まさにAfriGadgetと言うべきシステムだ。ロバが引く車はアフリカの各地で普通に見られるが、この旧式の乗り物にWater and Wheelが、アフリカの農村部に適した機能や利便性を加えた。

Fabrication

2007.07.30

オフィスチェアー自転車

Woodenbikesのサイトより –
すごく座り心地のいいシートを備えたリカンベントバイクです。約15キログラムもある革張りの社長さんチェアーを、他の自転車のフレームを溶接して継ぎ足しリカンベント(仰向けに乗る自転車)に改造した16インチの(女の子用)”プリンセスバイク”に取り付けました。Bike to Work Day(自転車で通勤しようデー)を記念して作りました。
Office chair bike – Link
訳者から: 座り心地だけは良さそうだけど、思いっきり乗りにくそうだな。

Fabrication

2007.07.24

横走り自転車

失読症になり、ボストンの自転車職人、michael killianのサイドウェイバイクのビデオを見たら、脳みそが興奮した。自転車に横に座ってペダルを漕ぎ、前輪と後輪の舵を別々にとる。彼のサイトには、彼のいろいろな作品のビデオや写真や、それらが紹介されているメディアのリンクがたくさんある。
The Sideways Bike (英語)[Via] – Link
関連:
The Bicycle Archives
訳者から: ただ横向きに乗るってだけじゃなくて、前後のステアリングを使って横にスライドしたりもできるという自転車。

Fabrication

2007.07.11

VeloAce – Palm を使ったオープンソースのバイクコンピューター

古いPalmを使ったオープンソースのバイクコンピューターだ。
Palm OSのためのバイクコンピューターシステムです。細かいデータの表示、データベースでの管理、移動データの予測、上位10ラップを使ったコーチング、グラフィカルなスピードメーターといった機能があります。Km/hとmphの表示切り替えも可能です。車輪のセンサーをRS232CまたはIrDAで接続するだけです。
SourceForge.net: VeloAce – Link
訳者から: アメリカ版ではコメントがけっこう来てるけど、「車輪のセンサーってなによ?」という話になってる。

Fabrication

2007.07.05

自作電動バイク計画

Billの電動自転車プロジェクトだ。Billの苗字は、なんとCraftだってさ!
どうも、Bill Craftと申します。ブログ毎日読んでます。クリエイティブな人たちが、ほんとにたくさんいることを知って、すごくうれしくなります。ボクはアルバータの小さな町に住んでいます。ここでは遊ぶところもあまりなく、そのへんにある物やネットで買った材料で何かを作る以外にすることがありません。ボクは、自分で乗り回すための電動自転車を作りました。これは実際には2台目の作品です。