Electronics

2019.04.19

昨年に引き続き、今年もmicro:bitのコンテストを開催します!

Text by editor

2018年に開催された、教育用マイコンボード「micro:bit(マイクロビット)」を使った作品のコンテスト「micro:bitでつくってみよう!コンテスト」。2019年もバージョンアップして開催することになりました! 今年はMaker Faire Tokyo 2019の会場内で、グランプリを決める決勝大会を行う予定です! コンテスト名も新たに「たのしいmicro:bitコンテスト2019」と衣替えしました。作品の応募受付は4月19日(金)から6月9日(日)まで。エントリーはプログラミング作品の共有サイト「Paddle」から、受け付けています(以下の記事の「1次審査のエントリー方法」を参照)。ぜひ、ふるってご参加ください!

■概要
「たのしいmicro:bitコンテスト2019」は、子供から大人までだれでもかんたんに、プログラムで動いたり光ったりするものが作れるマイコンボード「micro:bit(マイクロビット)」を使った作品を募集します。
本コンテストの目的は「作って楽しむ」です。作ることそのものを楽しむ、作ったものを使って楽しむ、作ったものをほかの人と共有して楽しむ、など楽しみ方にもいろいろあります。日常のさまざまなものがプログラムで動いていることを知り、自分で考えたプログラムでものが動く楽しさを、本コンテストを通して多くの方に体験していただきたいと考えています。

■主催
株式会社スイッチエデュケーション、株式会社プロキッズ、株式会社オライリー・ジャパン

■選出の流れ
①1次審査

以下の部門ごとに、1次審査を行います。応募作品のなかから、各部門より2~3組を選出いたします。
・Kids&Family部門:小学生以下の子供+大人が対象
・Young Maker部門:中学生~高校生(18歳以下)が対象
・一般部門:年齢不問

②作品展示 (8/3~4)
1次審査を勝ち抜いた8~9組の皆さんには、Maker Faire Tokyo 2019にて作品を展示していただきます。多くの来場者に自分の作品を見てもらってください。2日間の展示の中で、来場者による投票も行います。

③決勝大会
8/4(日)、Maker Faire Tokyo 2019会場内で、決勝大会を行います。1次審査を勝ち抜いた8~9組の皆さん自身によるプレゼン、そして作品展示での投票数、観客の皆さんの反応などを総合して、審査員がその場でグランプリとその他受賞者を決定いたします!
※Maker Faire Tokyo 2019会場までの交通費は、自費負担となりますのでご了承ください。会場へは、別途お送りする入場パスで入場いただけます。
※作品展示、決勝大会に、応募者本人がご参加できない場合は、代理の方を立てることも可能です。代理の方の参加も難しい場合は、作品のみの展示+動画やSkypeでのプレゼンテーションも可能です。

■参加費
無料(ただし、必要な材料・機材は応募者側でご用意ください)

■作品の条件
・「micro:bitを使った作品」であれば、テーマは自由です。
・プログラミング環境も不問(ブロックエディタ、MicroPython、Scratchなど)。
・センサーなどの部品、Raspberry Piなど他のボードの付加も自由。筐体に使う素材なども不問(ダンボール、ブロック、3Dプリンターで作ったパーツ、等)。
・ただし、Maker Faire Tokyo 2019の出展ガイドラインに合致しているものにすること(こちらのページの「出展の要項」内にある「7 出展のガイドライン」7-6~7-10をご参照ください)

■審査員(50音順)

小室 真紀株式会社スイッチエデュケーション 代表取締役)
2013年お茶の水女子大学人間文化創成科学研究科博士後期課程修了。博士(理学)。2009年にIPA「未踏ソフトウェア創造事業」に採択され、女性のスキンケアを支援するシステムの開発を行う。2012年、株式会社スイッチサイエンスに入社し、マーケティングや広報活動に従事。現在、株式会社スイッチエデュケーション代表取締役社長。micro:bit の日本でのローンチに貢献。


原 正幸株式会社プロキッズ 代表取締役)
NECにてエンジニア、ビッグローブではMVNO事業を立ち上げ、社長賞を連続受賞。子どもが生まれたことを機に、小学生〜大人までIT教育を行うプロキッズを2016年設立。同年ウィルグループのHINODEアクセラレータプログラムにてアライアンス賞受賞。他にも国立 名古屋工業大学非常勤講師を務める。


吉村 総一郎学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校 キャリア開発部プログラミング教育課長)
東京工業大学大学院生命工学科修了。製造業の製品設計を補助するシステムの開発に携わる。その後、株式会社ドワンゴ入社。ニコニコ生放送の各種ミドルウエアの開発に携わり、ニコニコ生放送の担当セクションマネージャーとしてチームを率いる。2016年よりN予備校プログラミング講師として高校生にプログラミングを教える。

■審査評価項目
・着想がユニークであるかどうか
・ものづくりの楽しさを感じられるかどうか
・みんなを楽しませるものであるかどうか
・プレゼンテーションに工夫がなされているかどうか

■賞
グランプリを受賞された方にはiPadが贈られるほか、受賞者の皆さんには素敵な賞品を予定しています。
・グランプリ(1名)iPad(32GB Wi-Fiモデル)+Apple Pencil、Make:書籍厳選セット、micro:bit用モジュールキット(bitPak:Racer
・優秀賞(2名)Amazonギフト券 10,000円分、Make:書籍厳選セット、micro:bit用モジュールキット(バングルモジュールでmicro:bitをはじめようキット
・特別賞(5~6名)Amazonギフト券 5,000円分、Maker Faire Tokyoグッズ

■1次審査のエントリー方法
プログラミング作品の共有サイト「Paddle」から、作品をエントリーしてください。

1 以下のリンクから、新規ユーザー登録を行ってください(Paddleの利用方法はこちらをご参照ください)。※すでにアカウントをお持ちの方は新規ユーザー登録は不要です。
https://paddle.prokids.jp/
2 登録確認メールにある本登録URLをクリックして自分のユーザーアカウントができたら、ログインして「作品投稿」を開いてください。
3 フォームに従って、テキストの入力や写真のアップロードを行ってください。なお、カテゴリは必ず「たのしいmicro:bitコンテスト2019」を選択してください。動作しているところの動画(YouTubeなど)も、入れるようにしてください(作品展示・決勝大会では、作品が動作していることが必須条件となります)。
※募集部門は、ユーザー登録時の生年月日をもとに、自動的に振り分けられます。Kids&Family部門に応募されたい方は、ユーザー登録時に保護者の方がお子様の生年月日で登録を行ってください。

■応募受付期間
2019年4月19日(金)~6月9日(日)
※締切日を過ぎても「Paddle」サイトに投稿は可能ですが、審査の対象外となりますので、ご注意ください。6月9日(日)までにアップロードされたものが審査の対象となります。

■スケジュール
-エントリー 4月19日~6月9日
-1次審査 6月中旬~下旬
審査委員会が応募作品を審査、1次審査通過者を決定します。
-1次審査通過者発表 7月初旬
1次審査通過者には個別にメールでご連絡します。主催者のWeb上でも発表されます。
-作品展示&決勝大会 8月3日~4日
Maker Faire Tokyo 2019会場内にて作品展示、8月4日に決勝大会を予定しています。

■参考書籍
micro:bitをはじめて使う人にもわかりやすく解説した本『micro:bitではじめるプログラミング――親子で学べるプログラミングとエレクトロニクス』(オライリー・ジャパン刊)も、ぜひご一読ください。

■お問い合わせ
コンテストに関するお問い合わせはこちらまでお送りください。
E-mail: info@makejapan.org
「Paddle」の機能や利用に関するお問い合わせは、株式会社プロキッズまでお送りください。
https://prokids.jp/contact