Kids

2020.07.14

優秀者にはGoogleエンジニアからのアドバイスも!「Google キッズAIプログラミングコンテスト」開催

Text by editor

この夏、Google主催の子ども向けプログラミングコンテストキッズAIプログラミングコンテストが開催されます! AI拡張機能を組み合わせたScratchを使って、AIを活用したプロジェクトや作品を作り応募することができます。応募期間は、2020年7月13日から8月31日(午前11時)。ファイナルイベントは、Maker Faire Tokyo 2020のオンラインセッションの中で行われます。コンテストの詳細や応募方法は、公式ページにてご確認ください。

「AIを使ったプロジェクトや作品って、いったい、どんなものを作ればよいの?」という方は、公式ページのチュートリアル動画や、7月28日発売の書籍Scratchではじめる機械学習をご参照ください。書籍では、コンテストで応募要件となっているScratchのAI拡張機能(TeachableMachine、ML2Scratch)についての解説も、くわしく載っています。こちらから試し読みもできますので、応募にチャレンジされたい方は、ぜひチェックしてみてください。


●キッズAIプログラミングコンテスト概要

対象の学年:小学1年生~中学3年生
募集期間:7月13日(月)~8月31日(月)午前11時
応募要件:
 -自分で見つけた地域の課題をプログラミングとAIで解決するプロジェクトを考える
 -プログラム開発にはScratchを利用。さらに公開されている下記のAI拡張機能を活用して下さい
 Teachable Machine拡張機能
 ML2Scratch
 AIブロック by TechPark
審査:Googleの研究・開発部門に所属する社員が、以下の項目を総合的に判断して審査します
 -イノベーション:プロジェクトのアイデアがユニークで新しいか
 -チャレンジ:技術的に難しいこと、もしくは解くことが難しい課題にチャレンジしているか
 -完成度:プロジェクトの完成度はどの程度か
ファイナリスト発表:2020年9月上旬
ファイナルイベント(オンライン):2020年10月3日
賞品:Google社員によるファイナルイベントに向けてのメンタリングや、Googleロゴ入り各種グッズを謹呈します
参加にあたっての留意点:応募は保護者の皆さまによる手続きが必要です

詳細、応募は公式ページから!