Other

2023.06.05

約50枚の公式記録写真と運営スタッフが撮影した記録映像で振り返る「Maker Faire Kyoto 2023」

2023年4月29日(土)、30日(日)に開催された「Maker Faire Kyoto 2023」を公式記録写真(撮影:ただ(ゆかい))と運営スタッフが会場見回りの合間に撮影した記録映像で振り返ります。当日ご参加いただいた出展者の皆さま、来場者の皆さま、スポンサーの皆さま、他関係者の皆さま、本当にありがとうございました。2023年10月14日(土)、15日(日)に開催の「Maker Faire Tokyo 2023」にて、またたくさんのメイカーの皆さん、ご来場者の皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

Other

2023.05.11

「Maker Faire Tokyo 2023」の出展者、スポンサーの募集(締切:6月8日[木])を開始します!

本日(5月11日)より、「Maker Faire Tokyo 2023」の出展者、スポンサーの募集を開始します。締切は、6月8日(木)13:00の予定です。今年もたくさんのメイカーの皆さまにご参加いただくことを楽しみにしております。出展申し込みの詳しい内容は、「出展者の方へ」ページにてご確認ください。

以下は、出展者、スポンサー募集に関連したいくつかのお知らせです。

Other

2023.04.19

社会課題の解決をテーマとした学生向け開発コンテスト 「Civictech Challenge Cup U-22」

一般社団法人コード・フォー・ジャパンの「Civictech Challenge Cup U-22」運営チーム(学生インターン)の方からご案内をいただきました。

「Civictech Challenge Cup U-22(以下CCC U-22)」は、エンジニアリングやデザインなどのスキルを持ち寄って、社会課題や地域の困りごと、自分の「あったらいいな」にチャレンジする学生向け開発コンテストです。

Other

2023.04.14

[Maker Faire Kyoto 2023]ワークショップの紹介|ダンボール工作から、“作る” と “体を動かす” が融合した “ストリートミニ四駆” から、ハンダづけ体験など、体験企画も充実!

「Maker Faire Kyoto 2023」では、子どもと一緒に来場しても楽しめるワークショップ、体験企画を、コミュニティ、スポンサーの方々とのコラボレーションで実施します。作品を見て、作りたい気持ちが高まったら、ぜひご参加ください!

段ボールでつくろう!(by ダンボールDay!)

普段の私たちの身の回りには、実にさまざまな形や大きさのモノがあふれています。

Other

2023.04.11

[Maker Faire Kyoto 2023]注目出展者紹介 #3| “珠算センシングシステム”、“ストランドビースト”のクローン、鉄道模型の自動運転システムなど、多彩なYoung Maker(学生メイカー)の作品も見逃せない!

昨年の「Maker Faire Tokyo 2022」では「Young Makerゾーン」を設けることで、その多様性と熱量が来場者に伝わった「Young Maker(学生メイカー)」。Maker Faire Kyoto 2023でも「Young Makerゾーン」を作り、関西から九州まで、西日本各地から集まったYoung Makerの勢いを感じていただきたいと思っています。その中から数組の注目出展者を紹介します。

Other

2023.04.07

[Maker Faire Kyoto 2023]注目出展者紹介 #2| 3Dプリントされた靴下編み機、鶏のための着物、粘菌と共生する照明など、クラフト、デザイン、アート関連の出展も充実!

前回の「Maker Faire Kyoto 2019」に続き、Maker Faire Tokyoでは、見られないようなクラフト系の出展も見どころです。久々に海外からの出展もお迎えすることができました。

3Dプリント靴下編み機 by FARMTORY-LAB

くるくるハンドルを回して靴下が作れる家庭用の靴下編み機。100年以上前から使われていましたが、現在は手に入れるのが難しいため、3Dプリントで作成しました。そんな古くて新しい靴下編み機を展示・実演します。

Other

2023.04.06

[Maker Faire Kyoto 2023]注目出展者紹介 #1|4年ぶりの3Dドーム、MFT 2022で話題を集めた自作MRI、等身大変形ロボなど、Maker Faireならではのプロジェクトを紹介!

京都をはじめとした関西圏、さらに全国から対面イベントとして4年ぶりの開催になる「Maker Faire Kyoto 2023」に出展者が集まりました。その中でぜひ体験して、見ていただきたいメイカーの皆さんの作品を数回に分けて、紹介していきます。ぜひチェックしてください!

3Dプラネタリウム by ヒゲキタ

前回のMaker Faire Kyotoを最後にコロナ禍により途絶えていた展示が復活。飛び出すだけでなく頭の上を通り過ぎる、アバターを超えた超3D映像に没入せよ。

Other

2023.03.10

「Maker Faire Kyoto 2023」ポスター/フライヤー配布キャンペーンを行います!

「Maker Faire Kyoto 2023」のポスターとフライヤーができあがりました。FabLab、メイカースペース、ハッカースペース、学校、オフィス、工場など、人が集まる場所でポスターの掲示とフライヤーの配布にご協力いただける方にポスター/フライヤーを無料でお送りします。以下のURLのフォームからお申込みください。

Maker Faire Kyoto 2023 ポスター/フライヤー申込フォーム

FabLab、メイカースペース、学校、図書館、科学館、オフィスなど、人が集まる場所での告知に協力いただける方が対象です。

Other

2023.02.16

Maker Faire Kyoto 2023|企業、個人、コミュニティを対象にした「TINSMITH(ブリキ職人)」 スポンサーの募集について

写真はMakar Faire Tokyo 2022の会場のもの。撮影:ただ(ゆかい)

これまでMaker Faire Tokyo / Kyotoでは、安全なイベント運営に必要なさまざまな経費を、スポンサーからの協賛費、出展者からの出展料、そして来場者からの入場料でまかなってきました。しかし、コロナ禍の影響による社会情勢の変化、また2022年後半からの人件費、資材費などの上昇などの影響により、それらの収入だけで、Maker Faire Tokyo / Kyotoのような規模のイベントを安定した形で開催することが難しくなっています。

Electronics

2023.01.27

手のひらサイズのペンプロッタを作り続ける理由

この記事はいしかわきょーすけさんに寄稿していただきました。

ペンプロッタが好きです。小さなペンプロッタが音を立ててけなげに動く姿を見ていると、時間が経つのを忘れてしまいそうになります。これまでペンプロッタを80台以上作成しMaker Faireを中心としたメイカー系イベントに出展してきましたが、「なぜペンプロッタばかり作っているのか」「何を目指しているのか」といった問いかけをいただくことが何度もありました。本記事では、なぜ自分がペンプロッタを作り続けるのかについて、これまでのペンプロッタ製作の軌跡を振り返りながら記します。